マウンテンバイク、山歩き、キャンプ、エクストレイル
by knctmrc
最新のコメント
阿蘇みたいにのびのび自転..
by knctmrc at 07:03
自転車が盛んな職場なんで..
by include-00 at 21:48
僕も僕なりに探しての選択..
by knctmrc at 22:34
いえいえ、ありがとうござ..
by HEADWAY- at 07:38
カテゴリ
全体
mtb-
-DownhillSeries
-ENS
-JシリーズDH
-S_TRAIL
-友の会
-rally
-VanQuish
-法華嶽!
-吉無田高原
-わらべの森
-NBC
-遊人の杜
-DirtLand
-mizuho_highland
-Whistler
-富士見
-D-style
-jump
-trial
-trails
-福井和泉
-阿寺
-作業
-学内
-九重スキー場
-instruction
RoadBike
SuperMoto
自動車部
写真
学校
海山川
ハイキング
キャンプ
出張報告
D.I.Y.
怪我
みんなの話
_ふしてん
_ふじてん
-ふじてん
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
Skypeボタン
ブログパーツ
出会い
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:-rally( 8 )

Where the QP

b0164252_22464664.jpg
「登山ブログになったな…」なんだタローのやつ見てたのかっ! いや、見て下さっていたのですか!笑 今や日本のトップライダー浦上太郎ですもんね。笑
b0164252_22544078.jpg
鉄男の各駅停車ブログでもないとよ?

ラリーは好きです。
渡された地図、そこに示されたチェックポイントを探す。トレイルを案内してもらうのと違う、トレイルを見つける快感をこんなに手軽に味わえて良いはずがない。流行ったら持続困難必至。笑
b0164252_23024273.jpg
道探しに夢中になるとチェックポイントを見逃す… 油断すると目の前に続く道にダマされる… と思ったら先にだまされてたライダーが引き返してくる。笑
b0164252_22580866.jpg
四国のヒト。お久しぶりです。
b0164252_23153741.jpg
個人的にはこの下りで行き急いで谷に降りる先行者達をトラバースでカマしたのがクライマックスでした。笑 でもQP忘れてて戻ったらチャラに。。
b0164252_23045294.jpg
今回のバイクはこのテオカリ。
初めて良いバイクに感じた。なかなか登れるバイク。下りで振り回すタイプではないと思うけど、タイトでなければガンガン下れる。ラリーの場合地図を見ながら恐る恐る下るので無意味ですが笑
そんな良いバイクでしたが… 身辺整理の為、手放しました… 後輩が乗ってくれる予定なので見かけたら厳しくしてください笑
b0164252_23562602.jpg
今回、林業家の方に通行を許可してもらったというこの伐採エリア、写真を撮ってから気付いたんですが、苗木っぽいのが植わってる… 後で「苗木が!」みたいな苦情がないことを祈ります…。笑
b0164252_23074127.jpg
先を急がず(自称)堅実な走りでナント4位/26人 フィニッシュ!過去最高位の2位には届かないもののw
景品に由布院の白ワイン頂きました(^人^)ありがとうございました!

[PR]
by knctmrc | 2015-12-03 22:18 | -rally | Comments(0)

raid小国2013

デパールからグラウンドを一周して、シングルトラックへ。早速入口が分からず迷い、それを笑われる。出だしは好調のようだ。
b0164252_21402953.jpg
 そのシングルトラック中盤、なんと看板あが! ここ小国の木魂館(モッコンカン)は2004年ごろまでJシリーズXCの会場として使われていた、そのコース跡を最近ボランティアの方が切り開いてくれていると聞いています。国鉄の廃線を使ってちょっと行ってから、いっきに400m登ります… きつかった 
b0164252_21473247.jpg
 久しぶりにめちゃくちゃきつかった。せっかくだから遠矢と走ろうと思ってたんだけど、彼あんな感じだから…速い。。nセンセに譲ってもらったフレーム、なんとか組立てて投入に至りましたが、正直ちょっとハンドル下げ過ぎた感が否めません… っていうか、外タレばりのサイズ感… 
ここから、ダブルトラックを下りますが、これが意外とガレてまして。。 腕時計が暴れて痛かったんで、止まって絞め直してたら遠矢において行かれて。。しょうがないから(というか当然の流れw)一人で走って、それらしい分岐を下って、とマイペースで進むと… これまた激下り(笑 でもなんでだろう、「もうちょっと行こう」っていう心理が働いて(?) さすがにこれは… と思うところに来て、引き返しましたよ。
b0164252_22172243.jpg
 「間違えて下った激坂を担いで登る俺のアホ!」(っていうブログネタで行こう!)一人でニヤニヤしながら写真を撮るわけです。
いいから冷静にルートに戻ろうと登っていると、上から遠矢が下ってきた。(お!やっぱ俺間違ってなかったんじゃん?) っとテンションが上がり (冷静さを失い)、遠矢と二人で「ひゃっほ~う!」とか言いながら激下る。下る下る。間違ってるのに、分岐が全部地図通りに見える。「コレ舘さんが言ってた道やん!」と納得の上で下る。下る下る。(アホ)
ついに地図にない分岐が現れた。登って下って右往左往してついに考えを改めなければならない事実を突きつけられた二人。。。(しょぼーん)
b0164252_22301265.jpg
 おい、さっきも登ったぞこれw まさか2回同じ激坂を担ぐとは…orz
b0164252_22342169.jpg
 いやー、下ったね~。。下りはあんなにテンション高かったのに。
b0164252_22345049.jpg
 遠矢の下りっぷりには軽く驚きました。前はそんなでもなかったと思ったけど、狙いも良いし、判断も速い。 それにしてもイイ景色や。
その後も遠矢と二人での行動が続きましたが、俺が「こっちじゃ?」って行ったことからまた壮大な大冒険が繰り広げられました。。おかげでPC4を残してEL時間ギリギリ… 「これは正規ルートを外して、[指定方向外進入]で間に合わせるしかない」っつーことに。
b0164252_22411999.jpg

後半、お腹が痛くなり(冷やしたか?)小国の道の駅に駆け込み〇〇〇。脚も回らないヘタれぐあい…
最後に国鉄の廃線を2キロくらい登ってアリベ。
いやーホントにしんどかった… でも、まじめに地図読みやり直そうと、思ったのでした。

みなさん、ありがとうございました。
[PR]
by knctmrc | 2013-02-17 22:51 | -rally | Comments(3)

oyaji

「見るからにイイ感じのオヤジ!」っていうのがある。 どう「イイ感じ」なのかがいろいろあって説明できないところなんやけど、イイ感じなのよ。 このオヤジとの初対面は高森の村田屋旅館。そう、火の国ラリー前夜に埼玉から飛んできた並木さんである。僕はこの人が好きだ(暴)。一日中ニヤニヤして、いかにも焼酎を持ち歩いていそうな顔、、、いや、違うかな?ワンカップOZEKIとか持ち歩いてそうな顔だ。(あんまり違わない) 

で、この並木さんというお方のお話がまたすごくどえりゃースケールで、旅館で3人の若造相手に人生のなんたるを熱く語ってくれて僕はもうイチコロ、こんな男になりたい! …とかそういうエピソード的なヤツはなくて。 ただなんとなくニヤニヤしたイイ感じのオヤジだなー って。

でもそんな並木さんに登りで置いて行かれたのが悔しいです。僕は悔しかったんです。

b0164252_23453872.jpg
 鶏の地獄蒸し!珍味!(ちょっと味が薄い)
b0164252_23462749.jpg
 風鎮のすき焼き、美味し!(しかも激安)
b0164252_23492327.jpg
 水基めぐり…(右端にもう一人)
b0164252_23522842.jpg
 マップホルダーはあると便利です。シンプルですが、エラーなしです。優秀。

それと、とんでもないルート間違いを犯した遠矢。彼はPC4~PC6を「楽しい」という理由で2周しています。しかもトップを走っていたにも関わらずです。ラップタイムもきゃなり速いです。アホとしか言いようがありませんし、悔しいですが、が、しかし、所詮は指定方向外退出なのです(笑)
[PR]
by knctmrc | 2012-11-25 23:54 | -rally | Comments(0)

SSE

ちょっと待ってください、いま地図をみて思いだすところですから。
b0164252_121149.jpg
 ↑ ブリーフィング風景

なんと、今回のラリーは地図1枚!同じ25000分の1で、去年の南小国は5枚だったものだから、かなりびっくりした。縮尺が違うのか?(うーん、分からん←ぉぃ) ええい!どうでもいい!今の俺に縮尺など無意味だ。どうせ250mがどれくらいなのかなんて「→あの辺?」程度でしか言えませんからな。

だが方角は大事だ。今年はコンパスを買ってきたのだ!(義務装備です)
 「うおっスゲー!あの方面のあの尾根沿いにQP(QuizPoint)があるんだな?分かるぞ!」 てな話。 んんー今回は歩き易いSPD(Shimano Pedaling Dinamics)シューズもあるし、自由自在だな!

なんて完全にナメていたのだが、スタートして最初のQPを忘れるという失態。。。
次の分岐もしっかり騙され、走り易い方へ直進・・・ 引き返す。、 そうだ、これがラリーだ(何

ありゃ、いきなりtoppyを見失ったぞ、あのやろ置いて行きやがった!その後慎重に地図をトレースするも、QP2手前のダート入口を自信満々で間違い、その姿をコースクリエータのシオゴンさんに激撮された。笑
100m行かずにミスに気付き、ターン。一緒に間違えた宮崎の佐藤さん?は気付かず直進…(合掌) どうかご無事で…笑
ブリットの野口さんとダートに入るも、野口さんは丁寧に地図を確かめながらゆっくり。。俺は自信満々で進む。

ブリーフィングで聞いたS字の左コーナーでファブリカののむけんさんが「QP2が無い」と右往左往していた。「目の前にあるじゃん」…とは言わず(笑) まよったフリしながらこっそり写真だけ撮ってさっさと登る俺。これがまた楽しい駆け引きなのだ。逃げろ
b0164252_23494118.jpg
登っていると、飛亀の松井さんが上から降りてきた、QP2を見落としたらしい、そこで初めて「ちゃんとありましたよ^^」と言って先に登った。(じゃ、お先に!)

せっかくこうして数人をかわしたのに、SC3(SelfCheck)を見落とし鉄塔へ登った俺。。あれれ… 戻ってチェックしてるウチに松井さん、担ぎの野口さん、宮崎の島田さんに抜かれる。。
b0164252_23503931.jpg

しかも、正規ルートだと信じた鉄塔は、ただの遠回りだったのだ。まぁ景色がいいけん許す(誰

そこからアスファルトに出るとヒルクライムが始まった。これはしんどかった、、、担ぎ王とまで呼ばれるベテランを抜いたのは良いが、宮崎のSさんがずーっと50m後ろくらいについてくるのだ。あんなキャバクラ通いのおっさんについて来られるようじゃ俺もちょっとヤバいな… くっ…ハンドルが無駄に長い…(740mm) タイヤが無駄にグリップする…(NEVEGAL2.35) ブレーキも無駄に効く…(ZEE異径対向4ポッド) …ああ!自転車の違いか!(ということにしておく)

島田さんを振り切り、やっとの思いでPC4(Point of Check?)、あれ?なぜかノムケンさんが既に…笑 鉄塔で寄り道したせい? 
陣太鼓とコーラを頂き、休憩していると、焼酎の並木さんが登ってきて、勢いよく登って行った… それを追いかける。あれ!脚が軽い!っと、740mmと175mmをフルに生かして鬼漕ぎ!脚が重くなって終了。並木さん強い、なんとなく並木さんとの間隔が大きくなっているような… 地図を見ると、まだ登りが続きそうだ… 初めてなのに、道が分かってしまう。。。

アスファルトが終わり、ガレた坂を登る、完全に脚にキていてコントロールできない… ここまでか、 と自転車を降り、ついに押し上げ。情けない。。並木さんには置いて行かれ、ノムケンさんに抜かれ、島田さんに抜かれ。。そうは言ってもクライマックス!QP5で外側の杭の写真を撮って満足満足!

さぁいよいよ絶景ポイントぜよ!最高到達点ぜよ!ここは楽しまねば損!と思い、フロントフォークを伸ばして平地を楽しむ!解放感!QP5.5のケルン1個確認!2個目を横目に「あれ?今のがケルン?あっちにも行ケルン?」状態。。

何はともあれ、この辺で写真撮っておかないとな。光学20倍ズームを備えたコンパクトじゃないカメラを出し入れしながらゆっくり進む。
b0164252_022088.jpg
 いやー意外と笹が茂ってて難しかったですね、下りも。

何度も足を止め、写真を撮りながら下りましたが、この間地図を見ていなかった… 下り過ぎるとPC6に出れないんだが、偶然にも下った先がPC6。よかった。

下りきったらツーリングクラスが登ってきてました。これからの登られる道を知っているだけに、心苦しいと言いますか、ご愁傷様と言いましょうか、 だって、フリーライドバイクの今村さんとか、ともひさん。フロントシングルのnasyoさん。頑張ってくださいとしか言いようが無い。笑

その後QP7付近で島田さん、ノムケンさんに追い付き、詳細図エリアへ。自分の勘を頼りに突き進みます。あんまり下ると、引き返すのが怖いので分岐を間違えないように慎重に下ります。QP8もあっさり発見し、ホイッスルですね(ホイッスルが無い島田さん茫然)
b0164252_131440.jpg
 そして例のQP9で島田さんと2人がかりでテープ探し…
「南南東50m地点の白テープは何本か?」という問題。島田さんはGPSなんか使ったりして南南東50mを探すも見つからず。。。うろうろうろうろ ノムケンさんが追いついて、3人でうろうろうろ… おっかしいなー ってかなり南にあった。
b0164252_13243.jpg
しかもデカデカと。。 なんと俺らは大人三人で南東50mをうろうろしていたのだ、 そんなバカな…  まぁ、おかげで周辺の道が分かり、ショートカットしてSC10へ。その後川を渡る分岐を間違えては戻り、PC11.3位通過らしいが、、、さて、遠→はどこへ?どこかで道を間違えたんかな?(←盛大な過ちを冒していたw)

SC12、ブリーフィングにおいて、「ヌタ場?」と思った方も多いのではないだろか?イノシシらが掘り返して泥を浴びる穴の事らしい。そんな疑問を放置していた為に、せっかくのヒントは台無し。右往左往する俺。ようやく抜け出したがもう疲労が困憊!

そして最後の丘でも無駄な移動距離を延ばすことになる。。。コンパスと丘を見ながら慎重にQP13を見つけ出し、下る、ARR(Arrive)は近い。近いと焦る。あとちょっとなのに、迷っている自分がバカバカしい… ブリーフィングで「新しく刈った道は行きすぎ」という断片的な情報が頭から離れない、正規ルートなのに進まず、左に直角に折れた俺。下れると言えば下れるが、普通の人には下れないような道…いや、これは道なのか?身体も疲れて、ちょっとした岩にバランスを崩し転倒、SPDが外れない… うううう、、。。 もうちょっとなのに… 

冷静になってコンパスをみると、やはりおかしい… 「どうにか下れる」道を、自転車担いで登るのは超大変。、、。大幅にタイムロス、、 地図を信じて、ものすごい笹の藪を突進したらそこはアリベでした。

うほ、

なんとPC11で抜いたはずの松井さんが先にアリベしてた… ホント、最後まで誰が前で誰が後ろに居るのか分からない(笑) だから最後まであきらめなくて良かった。

結局、トップを独走した焼酎の並木さんは、QP間違いなどのペナルティで17位?笑 ペナルティを最小限にとどめつつ順位の良かった松井さんが優勝、俺もあと一歩だった…
2回目の参加でこれは上出来だわ 

ありがとうございました!

ちょっとありのまま過ぎて雑な長文だけど、これはこれでレポートしてアリかな?

考えた事はまた後日。

おやすみなさい。
[PR]
by knctmrc | 2012-11-21 00:56 | -rally | Comments(2)

rally4

湯けむり殺人ラリーという、ちょっと無理のあるタイトルで2日目のラリーは始まったが、湯けむり過ぎ、雪無理過ぎ(駄)

えーっと何処まで行きましたっけ? 週末ダウンヒル大会だけん今日のうちに書かなきゃな。

NOOOOOOO!!!
iphoneの中からラリーの写真が消えてるぅううう!
しょうがない。坊がツルの写真でイメージ湧かせて
b0164252_12334088.jpg


地図を読むのは苦手じゃない。ツーリングマップルでバイクツーリングするのと同じさ。
と思いきや、そこは25000分の1の世界ですからね。地図上のカーブを何処まで重んじるか。。
名前のついた信号機があるわけでも無い山の中で、自分の位置を確認する術は、地形とコンパス、野生の勘。
b0164252_0362024.jpg

まぁいい
水路脇や廃線トンネルや劇坂やシングルトラック。ロードもあるよ。
なんかねー褒められまくった。良く漕げてるとか、踏めてるとか、地図読みも合格とか、関東や東海のゴイスーラリーストさんたちに混じって走れたのは楽しかった。耐久やクロカンじゃないこんなカタチの競争。楽しみ方も人それぞれなのではないでしょうかね、ワイワイ冒険気分! 機敏にレース気分!
b0164252_0361920.jpg

舘ミチさんに貰いましたが、なんだこの変な生き物w
長いぞ

僕はなんでも良かった、どちらとも味わえた、なるほど、マウンテンバイクの原点という捉え方もうなずける。

また参加したいです(^^)仲間誘って。


ダウンヒルバイク買いました。

b0164252_12334430.jpg

日曜日は古処山で走ります!
http://www.ob-q.net/html/311_2012.html
ぜひ遊びに来て下さいね!
[PR]
by knctmrc | 2012-03-09 01:14 | -rally | Comments(0)

rally raid 3

宿は涌蓋(わいた)山近くの温泉で、はげの湯だったか、岳の湯だったか、(忘)
朝の景色はかなり良かった気がします(忘)

夜です、もう、知らない人ばっかりだし、入るスキもないし、寂しくてどこで寝ようか迷ってたら、九州のスタッフみなさんが部屋に入れてくれたのでした。
ここで、またいろんな話をしました。(忘)

ウソウソ、忘れてません(笑)

でもおかげさまで、九州の同年ライダーと繋がり、これが翌日の活力に繋がった。

b0164252_23585038.jpg
朝、宿からの景色、この湯けむり( ´▽`) 外は凍結(笑)大丈夫か?
若干コースが短く変更され、ワイワイ出発!
b0164252_23585144.jpg

今日は競争だ!って気分だ。でも景色イイなオイ(笑)

最初は集団で走る。最初だし、半分ついて行くつもりで。(本来自分で地図から道をよむべき?)
ワケわからん小道にみんなでゾロゾロ入っていく時はたまらんですね( ̄▽ ̄) なにやってんだ俺たち(笑)

ブリーフィングで聞いた水路沿いってここかぁー!みたいな。狭かったり、崖っぷちだったり、楽しい楽しい(≧∇≦)

途中IDカード落とした。
地図上の自分の位置が分からなくなって集団について行くしかなくなった。←
なのに集団を乱したくなって突っ走った。
そしたら暫定トップになった。
勢いで下り過ぎた。
登り返して正規ルートに戻り、また一人ずつ抜いていく。
おもしれ~
b0164252_2358528.jpg

古い廃線路のトンネルとか
[PR]
by knctmrc | 2012-02-29 23:04 | -rally | Comments(0)

rally raid 2



昔の写真はPCがネットに繋がるまでアップ出来ないのでした。

えーっと。初日のツーリングクラスで満願寺温泉まで行きました。

さらにアスファルトを登って何処からかジープロードへ。途中、この辺の地形がどうとか地質がどうとか、面白い話も幾つか聞かせてもらいながら(^^) …って、おっさんか!笑
まぁ俺はこういう話好きですけどね。だから「昭和」とかって呼ばれるんですよね。。

で、まぁ地図を読むわけですよ。「25000分の1の縮尺だから地図の1cmが250mで、つまり次の分岐まで500mくらいだと予測するわけだ」って言われてなるほど!(250mがどれくらいか分からんけど)

だからここから右下に次の道が見え…
あ、前走者がショートカットしてやがる(笑)
b0164252_22335461.jpg
なんて、ゲキ坂ショートカット

また温泉街を繋いで、

b0164252_22335870.jpg
ダート林道へ!地図を見る限りこの先は尾根沿いの開けた下り!しかもけっこう開けてるらしくて楽しみ(^^)!

b0164252_22335995.jpg

ほら!(笑)

小さな温泉街の湯けむり+雪景色!

なんか初日はそんな感じでした(^^)

問題は登りでついつい頑張ってしまう事。。
[PR]
by knctmrc | 2012-02-28 20:29 | -rally | Comments(0)

rally raid

自転車の遊び方の一つに、ラリーレイドと言うのがあるらしい。
どうやら、地図を読み解き、チェックポイントを繋いでゴールを目指すようだが。。。うーん、いまいちイメージがわかなくて、魅力を感じない。。

けど、食わず嫌いももったいないかぁ。。

っとか思いながら参加した九州MTBコンベンションで、壮大な景色を走る写真を見て以来、阿蘇周辺なら走ってみたいと思っていた ( 単 純 )

それほど、自分にとって、景色って影響力持ってる。いい景色のために走る。

しかもn教授がスチールのトレイルバイクを貸してくれる!と。もう断る理由は無い!
え?参加費19000円?笑笑"…


前置きなげぇよ。


土曜の朝5時、出発!到着!
b0164252_05328.jpg

道中引き返そうかと思うくらい凍結。。そこは持ち前のツッコミで

てか知った人居ない。(笑)
それもそのはず、エントリーリストはほぼ九州外ヽ(;▽;)ノ
しかしみなさん常連様のようで、クリエイターの舘ミチさん、仲間センセ、こばまんさんも磯島さんもみんなワイワイ楽しそう。。こんなの初めて …でもないか(笑

初日はツーリングクラス。
ラリーレイドがどういったものか、教えてもらいながら、急がず焦らずNセンセのガイドツーリング(^^)
まずはブリーフィングと言って、事前の説明が。ルート上の注意や、クイズのヒントが(^^)話をちゃんと聞きましょう。

b0164252_053641.jpg

ハンドルに地図を。
最初のチェックポイントはなんと、
b0164252_054165.jpg
高専二年の春に後藤とのツーリングで来た所(笑)

ちょっと当時の写真探してくる~
[PR]
by knctmrc | 2012-02-23 22:50 | -rally | Comments(0)