マウンテンバイク、山歩き、キャンプ、エクストレイル
by hisashi
最新のコメント
今回の特殊装備は、靴、ゲ..
by はまち at 18:01
とりあえず靴と竿があれば..
by ばば at 16:11
一緒行こー!南アルプスも..
by はまち at 12:44
渓流釣りいいなー!中々敷..
by ばば at 09:41
カテゴリ
全体
mtb-
-DownhillSeries
-ENS
-JシリーズDH
-S_TRAIL
-友の会
-rally
-VanQuish
-法華嶽!
-吉無田高原
-わらべの森
-NBC
-遊人の杜
-DirtLand
-mizuho_highland
-Whistler
-富士見
-D-style
-jump
-trial
-trails
-福井和泉
-阿寺
-作業
-学内
-九重スキー場
-instruction
RoadBike
SuperMoto
自動車部
写真
学校
海山川
ハイキング
キャンプ
出張報告
D.I.Y.
怪我
みんなの話
ロードトリップ
釣り
カヤック
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
ブログパーツ
出会い
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


180715_燕岳

b0164252_22231266.jpg
山梨県を北に抜ける広域農道。車を停めると、閉まっていたシャッターが開いて、中から強面のオヤジがこっちを確認したのが分かった。玄関ではなさそうなその引き戸から入ると、よそ者を見る目の強面のオヤジではなく、背は低いけど身体つきの太い強くて優しい津川雅彦似のおじさんが、菅井きん風のおばさんと何か話していた。僕らに何を与えるか相談している様子だった。
事務所と梱包作業場を兼ねているその部屋に入った僕らに、若干ナマってて何言ってるかよく分からないおじさんが「#&k○@÷€〒♪→$しゃがんでごらん!」と言った。なにか手伝うか?(笑)
b0164252_23542411.jpg
桃を一個二個だけ売って欲しい、明日山に登るから持って行きたい。と言いながらちょっと場違いな気がしたのは、目の前のいくつかの箱に綺麗な桃が綺麗に梱包され、発送を待っていたからだった。おばさんが「あら、一個二個??」おじさんは「いいからしゃがみなさい」と椅子を勧めてくれた。僕らに桃を食べさせようとしてくれているんだなと察した。猿の惑星にでも迷い込んだような気分だ、オモロい(笑)。
b0164252_23534900.jpg
さっきおじさんとおばさんが相談していたのは、僕らにどの桃を食わせるかだったらしい。奥から大きくて綺麗な桃を持って来てくれた。早速おばさんが桃にナイフを入れた。入れたと思ったら抜いた。三角形にサンプルを抜き取って糖度計に果汁を塗ってレンズを覗き込んでいる…。
b0164252_22370562.jpg
「おお〜糖度計を見たのは初めてです。」するとおばさんが手渡してくれた。18度だって。レンズを覗くと縦軸に目盛りが切ってあって、18に色の境がきている。「へぇ〜〜どういう仕組みなんやろ」 「私に聞かれてもわからん」 糖度の差が屈折率に現れるらしい。知らんやったばい。
b0164252_22390857.jpg
この桃が本当に美味しかったので、6個入りを実家に発送してもらった。皮ごと食べる良さも分かる気がした。どうだ美味いだろう。静岡には美味しいものが無いからなぁ!笑 というおじさんおばさんの話も面白くて、他にも貴陽というスモモ?を食べさせてもらった。東京なら一粒1,000円らしい!!ちょい酸っぱめ。まだ早いらしい。…っ早いんかい!(笑)
b0164252_22425439.jpg
残雪で冷やして戴きました。うんま〜〜(^^)
[PR]
# by knctmrc | 2018-07-18 21:42 | ハイキング | Comments(0)

180701西伊豆

安曇野のモンベルで10万円台の値札が目に留まって、あれ?思ってたより安いやん!と思ったのが始まり。けどそいつは小型で、調べていくうちにだんだん大きくなっていった(何商法?)。彼女も四万十川で遊んで以来、カヌーが楽しいと言うから、じゃあ2人乗りだな。1人の時は荷物も積めるし、実家のカヌーとも差別化できて無駄がない。なんて後付けの"買う意味"を積み上げていく。。。
b0164252_07420089.jpg
去年は一旦思いとどまった。やっぱりレンタルでいいかもと思って。けどカヤックだけ貸して、自由に行動していいよなんていうレンタルプランはなかなかないみたいで、借りても団体行動とか決められた狭いエリア、前々から予約しておいても当日の天気はシビアだし。なら借りる意味もない…。と言うわけで2年目の物欲は止められなかった。 買うと決まったら早い方がいい、週末見に行こう(笑)。ギリギリまで色に悩んで、いや赤は俺っぽくない、でも車と同じ色では馬鹿にされる、曇りの日、きれいな水、いろんなシーンを想像した結果赤に帰ってきた。
b0164252_23014466.jpg
千葉蘇我の店まで現物を見に行き、店長に話を聞いているとまた艇が大きくなっていく。430に決めていたのに、海で使うなら460だという。同じ幅なのにたった30長いだけでロール方向の安定感がそんなに変わるんかいな、と聞くと「いや水面に浮かぶ面積が…」と言う。(ぐぬぬ、二乗で効いてくるとでも言うのか?、雰囲気は分かる気がする… 確かに大きい方がカッコいいし…) 考えながら430艇に座ってみると、足先の空間がゲキせま!!こりゃいかん!っと密かに460内定。
あとはパドルにライフジャケットだ。「予定より大きい艇になってしまったから値引きしてくれ」などと売り手にはなんのメリットもない自己都合を押し付ける(笑)店構えもデカいからいうだけ言ってみよう、なんならコッチは値上げされたって買うのを我慢できないからな!(笑)
b0164252_23204785.jpg
ついに買ってしまいましたね〜、どうせ買うならもっと早く買えばよかった。
フォールディングカヤック。折りたたみカヤックという事で、アパート住まいの僕にはコレしかない。…なんて、他にもあるか、ゴムボート式のカヌーとか。
b0164252_22180734.jpg

***
前日6月30日はふじてんでダウンヒルごっこして、帰って夜中に荷物を積み替え、当日は3時起きの予定。…だったのに、
目を覚ましたのは4時15分… 
あかーーーーん!!目覚ましかけ忘れてた!
これはもういつもならふて寝するところ、前回6/24の本栖湖も寝坊して(朝天気が悪くて二度寝した)、遅れて行ったらなんとか本栖湖精進湖と乗れたこともあって、今回も諦めたらいかんと頑張って支度して彼女を迎えに。
b0164252_23305477.jpg
ちょっと踏んだよね、高速。(笑)
西伊豆は大田子をゴールにする予定だったんで、まずはそこに自転車を置いていく。この辺りは某トレイルツアーや某キャンプツアーで少し土地勘があるのだ。あの島の洞窟を漕いだら、この浜に上がってゴール。と言うスンポーさ
b0164252_22265313.jpg
7時頃に到着したスタート地点は、有名な堂ヶ島のところ(加山雄三ミュージアム隣接)で、乗浜海岸でカヌーを組み立て、例の公園の駐車場に車を停めてきて、遊覧船の営業時間20分前にギリギリ出航!
…ところが!空荷の遊覧船が我々の行く手を阻むではないか!!くそぅっ!始業点検かっ!これはノーマークだった…
けれど船長は、洞窟の入り口で船に進路を譲った僕らに手を上げてくれた。これはいい反応だ、待ってればイケるな!と言うわけで洞窟前で3〜4分待機。点検が終わって出てきた船長さんはまた手を上げてくれた。行くぜ〜!
b0164252_22395712.jpg
事前の調べによると、カヤックもしばしば煙たがられる傾向があるらしい。漁船や遊覧船から見れば、邪魔であろう事は想像がつく… マウンテンバイクといいカヤックといい、肩身の狭い趣味だな。(笑)
…「初めて来たんで…」なんてセリフが脳裏をよぎった。
b0164252_22471994.jpg
この辺りは洞窟や洞門がめちゃいっぱいあって、洞門の向こうの洞門のそのまた奥に灯台が見えたりするくらいアナだらけ。狭くてビビるし、暗くてビビる。風はないけどうねりが残ってて、波打ち際は危険な水しぶきが上がっていた。。無理は禁物。穏やかなツーリングに徹した(笑)
b0164252_22512912.jpg
子供の頃から連れて行ってもらってたキス釣りは、深江の湾内だったし、深江の湾から出るようになったのもここ2〜3年のこと。それまで外海(そとうみ)の危険性も知らなかったけど、今年の春に南伊豆でカヤックの海難死亡事故があっている。4人のうち2人がツーリングから戻らなかった後に、遺体で上がったと言う… これは人ごとではない。今回僕らが漕いだところも、すぐ隣のエリアだし、なにより、先日知り合って釣りに行った友人がこの事故の当事者だったから。。
b0164252_12364748.jpg
彼女を連れて行くとあって、責任は重大。10日前から天気図や、天候記録、天気予報を注視していた(仕事しろ)。出航の可否は最後の目視だけど、風向きの変化予想は重要だと思う。浮島沖に白波が立っていたらスタート地点へ引き返すことも想定していた(今思うと、遊覧船が航行するので引き返しにくいスタート地点設定だった…反省。)。
洞窟でワーキャー。下に岩ない!?右右!もっと左漕いで!とか、共同作業はケンカのタネなので注意が必要。(笑)
b0164252_12415893.jpg
海況は悪くなく、いたって順調。浮島沖は難易度が高いと雑誌に書いてあった(カヤックの難易度って何?)し、洞窟めぐりをしていたら、陸路が見えたので無理せずポーテージ(と言うらしい?)。 ちょうど中間地点なので、陸に上がって足を延ばすことにした。難易度が高いってのは多分、遠浅になってて波が立ちやすいとか、そう言うことやないかな。
b0164252_17505475.jpg
ごろた石の浜に上がって、補給食。カヌーの写真を撮ればよかったけど、忘れてた。風が強くなる前に田子の湾に入りたいという焦りが少なからずあった。もともとせっかちな性分なところも悔やまれる。(笑)本当はもっとのんびりしたいけど、知らない海だから今回は仕方ない…という事に。する。
再び出航。ごろた石で船底を引っかいた…! あーあ、やっちゃった… まぁこのくらいじゃ破れないっしょ。。痛いけど…破れたらパッチを貼るシステム、パンク修理みたいなもん。
b0164252_17564112.jpg
ここから船旅はフィナーレを迎える。某キャンプツアーで体験したエメラルドグリーンの洞窟を彼女に見せてやりたくて西伊豆に来たも同然。カメラを構えて洞窟入り〜〜!! ……おお〜〜。 。。 なんかしらんけどあの時ほどの輝きはなかった… こんなに天気も良くて、光も入るのに?なんで?? …これは推測だけど、"あの時"よりも潮位が低かったんだと思う… 洞窟に入る光のうち、水中からの光量と、空中からの光量のバランスが違ってしまったんじゃなかろうかな。。
b0164252_21254414.jpg
うーん、最高に綺麗なはずだったのに!あの時はかなり運がよかっただけちゅうことやな。仕方ない、また来るか。
b0164252_12264142.jpg
最後のトンネルをくぐれば、湾内の穏やかな雰囲気に変わり、南側なので日が当たって島の斜面も綺麗に見えた。浅く白い海底が、綺麗なエメラルドグリーンを演出している。外海からのウネリもなく、鳥が鳴いて、近くの岩岩が音もなくゆったりと流れていく、青い小魚がちろちろ泳いでいた。楽園かよ。そう思った瞬間、11時の方向10m先の水中から大きな黒い影が顔を出した! …顔だ!!(ヒトである)
b0164252_12305144.jpg
※田子のあたりはシュノーケリングスポットとして人気らしい。
b0164252_06571685.jpg
なに?折り畳みじゃないのかって?積むのが趣味なんで(笑)ポイントを変えながら漕ぎ出せるのもいいやん?(この日は帰るだけ)
※この日は堂ヶ島の清流という旅館の日帰り湯を利用。12時から営業で実質貸切り。
b0164252_08003829.png
次は?

[PR]
# by knctmrc | 2018-07-13 06:43 | カヤック | Comments(0)

180630ふじてん

b0164252_23290898.jpg
仕事でコミュニケーションプラザに立ち寄れました。
このスポークの張り方は、なるほど交換が早いかも!?

b0164252_23331029.jpg
ちょっとサイズは大きいけど、demo8が役に立つのは、会社の後輩に貸し出す時(笑)
b0164252_23343607.jpg
昔は全部のセクションにワクワクしたなぁ…←笑

b0164252_23352347.jpg
カニも来てくれましたね〜
b0164252_23360236.jpg
海外のボルケーノ感がありますね〜〜
b0164252_23365435.jpg
b0164252_23372910.jpg
付き合わせて悪かったな、
[PR]
# by knctmrc | 2018-07-02 23:28 | mtb- | Comments(0)

モトスコ&ショージコ

b0164252_19455771.jpg
久しぶりに新しい仕事で、刺激を受けて来ました。
楽しいような、苦しいような。やっぱりこういう刺激が必要だし、新陳代謝が必要なんじゃないかなーって思ったり(俺が飽きっぽいから?)
b0164252_19485418.jpg
試しに浮かべて来ましたよ。
b0164252_19492273.jpg
さぁいよいよお金の使い過ぎです。
b0164252_19500820.jpg
読み通り、ギリギリ!!(笑)
今週末は西伊豆からお届けします。

[PR]
# by knctmrc | 2018-06-28 19:45 | カヤック | Comments(0)

180617_大井川

この土日は奇妙な予定が入っていた。
なんだかよく知らない人たちに渓流釣りに連れて行ってもらえるという。(笑)
しかも道具のほとんどは貸してくれると言うから、渓流釣りにも興味があった僕は少しの億劫さを我慢して参加させて貰うことにした。
b0164252_00113138.jpg
「よく知らない人たち」は、兼岡の紹介だった。(僕が静岡で出会う凄い人はだいたい兼岡の紹介だから悔しい)
ヤツの大学の同期が、脱サラ(死語?)して南アルプスの麓でULバックパック職人をしている、というところに端を発す。(※UL:ウルトラライトの略で、超軽量でありながら機能的にアウトドアユースをこなす的な意味。)
しかしそこの2人は未だ会って話をした事がないのだと言うから妙で、僕を億劫な気持ちにさせた。初めて会う人と事前に約束をして一泊二日を共に過ごす事に、いくらか抵抗がある。(笑)
b0164252_00120688.jpg
そのULバックパック職人はまた、別のプロフェッショナルを誘っていた。カメラマンとフォトグラファーの違いはよく分からないが、最近NZから帰国した静岡県民らしいという事は聞いた。しかしそのUL職人とフォトグラファーは未だ会った事がないのだと言うからまた妙で、無論 兼岡とも未対面(って言うのか?)であるらしい。ちょっと億劫だ。(笑)
b0164252_00122744.jpg
そんな3人の出会いが何なのか、なぜこの週末集まる事になったのか、今もちゃんと聞いてない。今やどうでもよい。(笑)でも僕らを繋ぎ止めている気がするのは、全員同い年だと言う事かな。同い年に興味がある僕は、逃げ出したい気持ちと葛藤した。(大げさか)
b0164252_00143351.jpg
渓流釣りに行く事が決まったころ、UL職人が友人を誘った。そこの2人は既対面(って言うのか?)どころか以前からの仲良しらしい。彼は山岳ガイドもこなす大工さんで、これまた同じ1988年生まれ。なかなか立ち入れない林道の奥の奥までランクルで連れて行ってくれるとのことだった。アウェー感はちょっと増したが、とても頼もしく、悪いことは何も無い。少しの億劫さを僕は封じ込めた。(笑)
b0164252_00160700.jpg
こうして、ULバックパック職人とNZ帰りのフォトグラファーと山岳ガイドもこなす大工と2017mtbエンデューロナショナルシリーズチャンピョンとただのアウトドア好きのサラリーマン(私)が集まる事になった。
b0164252_00172399.jpg


###
僕が住んでいる通り(y軸方向)には矢吹という美味しいラーメン屋がある。ところがグルメ兼岡が選んだのは坦々麺!創菜屋花城(x軸方向)だった。
b0164252_23490124.jpg
なんや、めっちゃ美味そうやないか!なんて思ってたらまぁまぁ美味しかった。濃すぎない味付けが、僕ら30前のカラダに優しく、地味に長い美味しさを印加してくる。

静岡からの山道の話は割愛して、集合場所である千頭駅に着いた。駅の隣が今回のベースとなる工房だった。
b0164252_00050681.jpg
ベースの裏は線路で、こんな感じ。回転台のある線路にスイッチで出し入れされて、回転されて出てきて、客車のある線路にスイッチされて、客車を牽いて出て行く。
窓の外、やけに人が多いと思ったらあの有名な…!
b0164252_00085567.png
なるほど、トーマスとダム湖が青いんやな。(展開が雑)
いや、ダム湖がめちゃくちゃ青いな。(笑)
ホントに魚いるんかな。
b0164252_00192564.jpg
初めての渓流釣りでも、歩くもんは歩く。
斜度が少ないだけ山登りより楽だけど、ガス缶一式は置いてくれば良かったな。お湯沸かすヒマがあったら竿を振りたいテンションだ。
フェルトソールのシューズって初めて履くけど、誰が考えたかホントに滑りにくい。
b0164252_00203700.jpg
下流から上流に向かってルアーを投げて泳がせる、そのイメージは最後まで曖昧だったけど、なんだかんだ釣れているからこれでいいんだろう(笑)僕の(正確には兼岡の)ルアーに魚が飛びついてきた!
b0164252_00213856.jpg
イワナ。
こうして俺は兼岡よりも先にその日のファーストバイトをモノにした。誰がなんと言おうと俺が先に(笑)。靴以外の道具が全て借り物でも、兼岡が一通りルアーを投げた後のポイントで俺が。マグレだけど。(笑)
b0164252_00215753.jpg
川沿いを歩くことは今まであまりない(上高地くらいか)、人工物が一切なくて、誰にも会わなくて、自分がどこにいるのかも分からない谷の底。新鮮な景色があった。南アルプスのポテンシャルは高い。そして深い。
b0164252_00231233.jpg
だんだん、自分の得意な釣りが分かってきた。(というか、初歩テクを覚えた)ので、ひたすらやり易いポイントで狙った。
b0164252_00233314.jpg
右2つのルアーで釣れた。前夜からフォトグラファーが「コレ釣れそう!」って言ってたのを、酔っ払いながらも覚えてたんだ。Daiwaだった。
b0164252_00245196.jpg

[PR]
# by knctmrc | 2018-06-21 20:19 | 釣り | Comments(4)